動画制作は素材集めから始まる

自分で動画制作をしたいと思った人は、まず何から始めるべきなのでしょうか。一番最初にすべきなのは、動画制作の際に使う「素材」を集めることです。映像作品を作りたい場合、まずはカメラを使って写真や映像を撮らなければいけません。素材を撮影するには、カメラが必要ですが、デジカメでもスマホでも結構です。

最近ではスマホのカメラで全編撮影した映画もあるくらいですので、本格的なものを用意しなくてもかまいません。撮影する際に大切なのは、できるだけ多くのカットを撮っておくことです。同じような画でもいくつか撮っておくことで、より自分が満足できる映像を選ぶことができます。「引き」の画と「アップ」の画を両方撮っておくと編集の際に便利です。

可能であれば、複数のカメラを用意し別視点からの画も一緒に撮っておきます。また、当たり前ですが必ず横方向で撮りましょう。縦撮りしてしまうと、編集がしづらくあとで苦労してしまいます。素材を集めたら、パソコンに取り込みます。

フォルダ分けをしておくと、編集の際に選びやすくなります。速度を変えたりトリミングを行ったりすると思いますが、必ずそのような編集をする前の「元動画」もすぐ消さずに残しておくようにしてください。後から必要になる場合があります。以上のことを行うためには、カメラの容量もパソコンの容量もたくさん使うことになります。

十分空き容量を確保しておきましょう。豊富な素材を用意して、さっそく動画制作を行ってみてください。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 東京Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website