映像制作のアルバイト

映画や映像好きな方にとって映像制作関連のアルバイトは好きな分野で仕事を始める絶好のチャンスです。外野からみていて楽しそう、面白そう、という何となくのイメージが、人に見てもらうことを目的とした仕事としての映像制作という具体的な形として見えてくるからです。このプロセスをアルバイトで体験することで、興味だけにとどまらず自分が将来本当にこういう方面の仕事をやりたいのか、また映像制作にはどんな分野や仕事分担があるのかを知ることができます。一言に映像制作といっても、一般向けの映画なのか、コマーシャルフィルムやインターネットビデオなのか、企業のイベント向けなのか等々、現代の映像用途は本当に多様です。

ターゲットとなる視聴者にメッセージをきちんと伝え資金面を援助しているクライアントや出資者のニーズに応えながら、制作者として限られた時間と予算の中でどこまで芸術性や社会性、ひいては個人の考え方を映像の中に反映させていけるかというのは限りないチャレンジです。目から入るビジュアル情報は他のどんな情報よりも訴求力が強く、また音樂や演出等様々な芸術要素とミックスされて初めてひとつの作品として完成する。準備期間からロケハンをする人、役者さんに助監督、ケータリング、ドライバー、ヘアメークさん等関わる人が多いためプロジェクトのタイプによっては大所帯の仕事にまずアルバイトとして参加してみる、というのは業界デビューの最良の方法です。

Filed under: IT・通信関連, 動画制作, 映像Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website