映像編集の求人に応募する際に気を付ける事

映像編集の求人に応募する際には、自らの経験を過信しないことが大切です。実際の現場では経験を活かすことが出来ないことも多く、作業方法などは一から学習しなければならないことも多いためです。映像編集の技術は常に進歩していることもその理由ですが、会社により独自の編集方法や編集技術を持っており、その技術を使用して業務を行う事が求められる為です。現代の映像の多くはコンピューターなどで加工を行う事が多いため、その作業もソフトウェアを使用して行う事が一般的です。

その為、編集を行う感覚よりもまずはソフトウェアの操作を覚えることが大切で、そのため、求人に応募する際には従来の自らの経験はあまり役に立たないことを認識しておくことが重要になります。経験が豊富な人材よりも新しいことを貪欲に吸収できる人材が求められる傾向があり、映像の仕事の経験が問われないことも少なくありません。また、映像編集を取り巻く業界の態勢も理解しておくことが必要です。現在の映像の業界は決して自らが行いたい作業が出来るという物ではありません。

映像編集を行う会社の多くはテレビ局や映画会社から依頼を受けて作業を行なっており、商品として販売しています。その為、テレビ局や映画会社が満足する物を作ることが重要となります。映像編集の求人に応募する際に自分の趣味を仕事に出来ると考える人も多い物ですが、実際にそのような仕事ができることは殆ど無く、自分が納得できないもので有っても商品とて完成させることが必要であることを理解しておくことが大切です。

Filed under: 制作, 動画制作, 映像

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website