浄水器にかかるコストとその選び方

水道水を安心して飲めるおいしい水にする、それが浄水器の役割です。浄水器を取り入れようと思った時に気になることの一つがそのコストです。そしてその価格帯は種類によってさまざまです。その初期費用は蛇口直結型やポット型、アンダーシンク型や据え置き型といったタイプはそれぞれ価格帯が近くなっています。

浄水器を見えるところには置かずにすっきりとした水回りにしたい、ポットタイプで持ち歩けるほうが便利など、その機能やデザイン、用途などと合わせて、自分が使いやすいものを選ぶのがおすすめです。浄水器にかかるコストの内、絶対に必要になるのがフィルターの交換です。指定された期限ごとにフィルターをきちんと交換しないと浄水機能の低下を招くだけでなく、水が不衛生な状態になってしまう可能性もあります。フィルターは機種ごとに交換期限が設定されています。

短いものでは2ヶ月程度から長いものでは約1年ほどになっています。フィルターの寿命は水の量に大きく関係しており、水をたくさん使うほど寿命は短くなります。本体を使い続ける限りフィルターの費用はずっと必要になります。一日当たりの水の使用量の目安などの基準をよく読んで、交換期限やフィルターの費用と合わせてその製品のランニングコストを計算して最適なものを選ぶようにします。

フィルター1個で濾過できる水の量を考えれば、浄水器を使うことはペットボトルの水から出るプラスチックごみの減量を考えても非常に経済的で環境にも優しいことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *