浄水器最大のメリットはおいしい水が飲めること

浄水器は水道水の不純物を取り除くことができるのがメリットですが、日本の水道水は安全性が高いと言われていて、全国で同じ水質基準が使われているため、有害な物質を取り除かなくても人体への悪影響は気になるほどではありません。そのため、水道水の安全性がそこまで気にならない人であれば、浄水器をつけるメリットはあまり無いと言えます。ところが、おいしさのこととなると話は大きく変わります。水道水は消毒のために塩素が使われていて、その結果独特のカルキ臭が発生しますが、これは臭いだけでなく味にも悪影響です。

カルキ臭があるから水道水ではなくミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用しているという人もいるでしょう。浄水器を使ってカルキ臭が除去されると、それだけで水道水はかなり飲みやすくなります。浄水器なしでカルキ臭を軽減する方法もいくつかありますが、どれも一手間加えなくてはいけないため、蛇口から水を出すだけでおいしい飲み水が確保できるというのは大きなメリットです。不純物の除去にはそこまでこだわらず、水道水をおいしくしたいというだけなら、安い商品を含め、ほとんどの浄水器が対応できます。

ただ、あまりにも安いものだとカルキ臭を除去しきれないこともありますし、カートリッジを頻繁に交換しなくてはならずメンテナンスやランニングコストの問題が出ることもあるので、そこそこの性能があり使いやすいものを選んでおくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *