浄水器は手軽に水道水を安全にできるのがメリット

水道水に含まれる不純物を取り除けるメリットがある浄水器ですが、日本の水道水は世界的にもトップクラスに安全と言われていて、浄水器を使用せずそのまま飲んでも人体に悪影響は無いと言えます。殺菌のために用いられている塩素が他の成分と反応してトリハロメタンという発がん性物質が発生したり、他にも有害な物質が含まれている可能性はありますが、それもごく微量なのでずっと飲み続けても気にするレベルではありません。ところが、水道水そのものの安全性は高くても、水道管の汚れによって各家庭に届くまでに含まれてしまう不純物は問題です。特に築年数の古い建物は水道管も老朽化してサビに覆われてしまい、その汚れが水に含まれる可能性が高くなりますし、集合住宅では貯水タンク内部の汚れも不安です。

浄水器があれば、たとえ水道管を通るうちに汚れてしまっても、各家庭でそういった不純物を取り除けるため、水道水を安心して使えるという大きなメリットになります。また、水道水には塩素が原因のカルキ臭など独特の臭いがあり、健康に悪影響が無いとしてもおいしさを損なってしまうことがあります。不味いと感じるものを飲み水にはしたくないですし、料理に使う水としても気になるものです。しかし、浄水器ならカルキ臭を取り除いて水をおいしくしてくれるため、ミネラルウォーターなどを買わなくても水道水を飲み水として利用できるようになり、経済的というメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *