お風呂に浄水器を付けることで肌を守る

ミクロ単位の大きさのフィルターを内蔵した浄水器は水道に出る蛇口に直結することによって、水の中に含まれている塩素を含めた不純物を取り除いてくれます。これまでの浄水器は蛇口に固定するタイプが主流でしたが、技術が進歩し特注の持ち運び可能の浄水器が作られることで用途が広がっているのです。その持ち運び可能の浄水器の使い道として、体を清潔にするために利用するお風呂場で使われています。体を清潔にするためのお風呂場ですが、肌が弱い人間にとって死活問題になっているのです。

水の中に含まれている塩素は逆酸性に属しており、その酸性によって雑菌の繁殖を防ぐことで安全に水が飲めるようになっています。ただ人間の皮膚は弱アルカリ性に属して織り、酸性とは逆の性質を持っているのです。そのためお風呂のお湯に含まれている弱酸性の塩素の影響を受けると、皮膚の角質に悪影響を与えてしまい肌荒れの原因になってしまいます。肌荒れは放置をすると炎症を起こすだけでなく、炎症が皮膚の奥にまで達すると強いかゆみが断続的におこり続けるアトピーなどのアレルギー疾患の原因になるのです。

そこで持ち運び可能な浄水器を、お風呂の蛇口に取り付けることで弱酸性の属している塩素を取り除きます。塩素を取り除かれたお湯は、人間の皮膚に近い弱アルカリ性になるので肌への影響が少なくなりアトピーだけでなく特に男性の多い頭皮洗浄による薄毛の改善にも効果を発揮するのです。風呂の浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *